植物にもある種の脳があり、細胞が会話を交わしながら成長のタイミングを判断していることが判明(英研究)


 植物には意外な進化の経緯がある。

 陸上植物は4億5,000万年前に登場したが、木はサメよりも新しい。

花が登場するのは白亜紀になってのことだ。

さらに草が芽吹き始めたのは4,000万年前である。

 英バーミンガム大学が明らかにしたところによると、当時、植物は驚くべき機能をいくつか進化させた。

 その1つが脳である。

もちろん動物と同じような意味ではないが、まるで一種の指令中枢として機能する一連の細胞があるのだ…