約3000年前。南アメリカで最も古い人工金属加工の仮面が発見される。


 そのマスクは、アンデスでの激しい嵐の後、姿を現した。

 およそ3000年前、現在のアルゼンチン北西部に住んでいたアンデスの人々は、これまで南米で見つかったどの考古学的遺物とも異なったものを作っていた。

 縦18センチ×横15センチのこの金属板には、目、鼻、口の位置に穴があいていて、人間の顔を思わせ る。

 さらに、これを作った者は、板の縁に沿ってトップ、真ん中、下の部分に小さな丸い穴をあけていて、誰が見…