アートディレクターが目指す、家族のちょうどいい距離感