ほどほどでもアウト。飲酒は適量でも脳の老化を早めるという研究結果(英研究)


 例えほどほどの飲酒でも脳の老化を早めるかも知れない。

その量は、例えば毎日、グラスワイン1杯から2杯程度でも影響するということだ。

 『BMJ』に掲載されたオックスフォード大学、アニャ・トピワラ(Anya Topiwala)氏の研究によれば、適度の飲酒であっても、脳の認知機能を低下させる危険性があるそうだ。

 また言語テストの成績の急激な低下も確認されている。