ベテルギウスが膨張、爆発間近なその瞬間をとらえた画像が公開される。


 ぱっと見はオレンジ色の泡のようにも見えるかもしれない。

だがこれは、既知のものとしては最大級の恒星の姿を捉えた歴史的な画像である。

 恒星の名はベテルギウス。

その範囲は太陽の1,400倍もあり、今まさに超新星になろうとしている赤色超巨星である。

この画像はアタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計(ALMA)によって捉えられた。

 およそ600光年先のオリオン座に位置するベテルギウスは明るく燃え盛っており、そのために…