体温から発電してバッテリーいらずの自家発電型デバイスが開発中


スマートフォンのような小型デバイスは年々進歩していますが、限られたバッテリーでより多くの電力を要する高速なコンピューティングを求めた結果、スマートフォンのバッテリーが炎上するという危険な状況を招いています。

このようなバッテリーによる問題の解決策の1つとして考えられているのが、バッテリーを必要としない自家発電型装置の開発であり、南カリフォルニア大学は皮膚に貼るだけで発電する「体温発電機」の開発を…