NASAが火星に入植者向けの核発電プラントを開発


 核分裂原子炉はウラン原子を半分に分裂し、熱を発生させる。

この熱を利用することで発電が可能になる。

10キロワットの容量を持つ核原子炉なら、4基で8人が暮らすコロニーを支えることができるそうだ。

 1960年代に継続的に行われた実験から半世紀後、NASAが原子炉の開発を決定した。

これはドナルド・トランプ大統領から下された、その任期中に火星に人類を降り立たせよという要請を受けてのものだ。

 しかしプロジェクトは…