「スパイダーマン:ホームカミング」レビュー、敵役のマイケル・キートンすごすぎ&「スーパーヒーローになる物語」を本当の意味で描ききっている


これまでのスパイダーマンを見たことがあるのであれば断言してもいい、今作はこれまでの欠陥のすべてを克服している。

まず、妙な辛気くささがない。

うっとうしい恋愛も青春も何もかも置き去りにしてしまう。

要するに、「スーパーヒーローになる物語」として完成している。

このレベルまで達したのは過去のマーベルの映画でもほとんど見受けられないぐらい、今作はめちゃくちゃよくできている。

脚本の流れが過去作と比べて極めて…