Googleがディープラーニングを使ってプロレベルの写真を自動生成できる「バーチャルフォトグラファー」を開発


機械学習は多くの分野で活用されており、「画像内のオブジェクトを正しく認識できているかどうか」や「ある言語から別の言語に翻訳する際に適切に行えているか」など、「これは正しい」「これは間違い」と答えがはっきり存在するタスクにおいて特に役立ちます。

一方で、客観的な評価が得られにくい場合、例えば「写真が美しいかどうか」など主観的な概念に基づくものには活用が難しいと考えられてきました。

しかし、Googleはデ…