首狩りの風習があった10の首狩り族


 首狩りは、儀式などの目的のために人の首を切り落としたり、それを保管したりする習慣のことだ。

 首級をあげた人物の武勇の証明、儀式的な力の獲得、死者の死後における奴隷化、戦利品といった意味合いがあった。

以下では、首狩りを行なっていた10部族を見ていこう。