一見普通の場所に見えるが、実は隠された秘密がある世界7つの場所


 外からは丸っきり「普通の」場所に見えるからといって、そこに隠された秘密がないとは限らない。

 例えば、賃貸の事故物件。

そこで事件・事故・自殺などが起きた場合、「告知事項あり」として、借りたい人にその事実を告げるわけだが、1人目が退去後、2人目以降には言わないという不動産関係者間の慣行がある。

 なのでその部屋を2番目以降に借りた人は、そこで何かが起きている事実をまったく知らないケースがあるのだ。