目に見えているものは真実ではない?3つの錯視が明かす脳の仕組み


 錯視は我々が現実を直接見ていないことの証左だ。

また我々に世界を見える形で体験させようとする心が、視覚情報を処理する過程を垣間見せてもくれる。

 その処理を担うのが脳であり、これが錯視の原因である。

カメラのように目に映った情報をそのまま届けるのではなく、脳はそこにある形状や物体について解釈しようとする。

 ところが目から入ってきた情報が曖昧だったりすると、経験に基づいて推測しなければならなくなる…