大陸上空に飛行機の軌跡を描く巨大なスカイアートをボーイングが敢行


信頼性が求められる航空機のエンジンには、多くの試験が必要とされています。

新型機「ボーイング787-10型機」に搭載する予定の新型ジェットエンジン「ロールスロイス トレント 1000 TEN」の信頼性を確認するために18時間連続飛行というフライトをこなす必要があったボーイングは、ただ飛行機を飛ばすだけでなく、広大なアメリカ大陸の上にボーイング787型機の軌跡を描くというプランを完了させています。

...