海の中にある恐怖。オーストラリアの少年を襲った人食いヨコエビ(小型甲殻類大量注意)


 8月5日、土曜の遅く、サム・カニゼイくん(16歳)はブライトンビーチの波打ち際に足を浸した。

これはいつものことだ。

トライアスロンを愛する家族に生まれたオーストラリア・メルボルン育ちの彼にとって、海はとても身近なものだった。

 その日は1時間半ほどサッカーで遊んだので、海に入れた足がヒリヒリと痛んだのはそのせいだろうと思っていた。

サムくんはそこで腰くらいまで海に入って、冷たい水で足を冷やしながらiPhon…