本当はそこで何が起きていたのか?機密解除されたエリア51に関する8つの仮説と、最近撮影された映像


 ネバダ砂漠の真っ只中にエリア51と呼ばれる区画が存在する。

2013年に政府が正式にその存在を認めるまで、アンタッチャブルな場所であり、その存在は最高機密とされていた。

 そのため、ここには異星人が存在しており、地球外の技術を実験しているなどののうわさが流れていた。

実際には米軍の基地で冷戦時代に開発したU2型偵察機の試験場ということなのだが、すべての情報が公開されたわけでなく、いまだ陰謀論者はここにあっ…