体が風船のようにパンパンに膨れてしまったダイバー。減圧症(潜水症)の恐ろしさ(ペルー)


 アレハンドロ・ラモス・マルチネスは、ペルーのピスコ出身の漁師ダイバーである。

その彼が風船男として報道され話題となっている。

 彼は水深30メートルから急激に浮上したため、血中に溶けていた窒素が気泡になって筋肉に付着、そのせいで体がパンパンに膨らんで風船のように変形してしまったのだ。

 これは減圧症(潜水症)と呼ばれるものだ。