涙と唾液から発電する方法が発見される(アイルランド研究)


 涙や唾液など、人の体からにじむ分泌液から発電する方法が発見された。

 それもこれもリゾチームという酵素のおかげだ。

これは圧力をかけると電気を発生する性質がある。

もしそれを効率的に回収することができれば、インプラント式デバイス向けの動力源として活用できるかもしれない。