交尾なしで生き続けた1800万年前の線虫。その秘密がついに判明


 ディプロスカプテル・パキス(Diploscapter pachys)は1800万年前に生息していた線虫だ。

当時、彼らは男と女の秘め事にほとんど関心を示さなかったようだ。

 この線虫が性に対してそれほどまでに淡白だった理由が突き止められた。

それはかなりユニークな遺伝子の構成にあったようだ。