スイス人は考えた。誰でも簡単に「名山」を発見できる風景発見器を考案


 山へ登り、視界が開けたところから他の山々を一望する。

素晴らしい体験だ。

高い山の頂から見下ろすのもいいし、低い山から周囲の名だたる名山を見渡して、いずれあそこに登ってやろうと考えるのだって楽しいのである。

 しかし、ここで問題がひとつ。

「名だたる名山」というけど、どれがどの山なのだ?標識は立っているけれど、どこを指しているのかが今ひとつ判りにくい。

地図を引っ張り出して格闘しているうちに、ガスが出…