南国フィジー版「森のようちえん」自然いっぱいの日常が子どもの好奇心を刺激し想像力を育む


「森のようちえん」とは、森や海、川といった自然の中で幼児教育を行う運動や団体のことをいいます。

でもフィジーでは身の回りの自然が豊富なので、日常が「森のようちえん」。

好奇心や探究心を刺激し、ワクワクやドキドキを経験させる要素が満ちあふれています。