遺伝子組み換え生物の漏洩を破壊する為の”キルスイッチ”が開発される(米研究)


  遺伝子組換え生物(GMO)の技術は、さまざまな状況への耐性を身につけた作物や成長が早い魚を作り出せるなど、使い方次第では有用な技術である。

しかし同時に脅威でもある。

 万が一、素早く繁殖し、しかも強い細菌が研究室から漏れ出してしまったら、それを食い止める手立てはあるのだろうか?  これに対する解決策が「自己破壊DNA」だ。