まるで生きているように見えるヴィクトリア時代の「遺体記念写真」は本当に遺体なのか?その真実に迫る


image credit:Library of Congress  ヴィクトリア朝の時代(1837~1901)のイギリスでは、死後故人をまるで生きているかのように見せかけ記念撮影をする「遺体記念写真(ポストモーテム・フォトグラフィー)」が流行していた。

とする話を聞いたことがあるだろう。

カラパイアでもかつて紹介したことがある。

 当時は死は身近なものであり、愛する者を亡くした親族たちは、最期に故人の安らかな顔を写真に収めることで追悼したと…