手すりがなくて震える…マチュピチュ近郊にあるワイナピチュ山の断崖絶壁にある死の階段(ペルー)


 ペルーの歴史的保護区内にあり、世界遺産にも名を連ねているインカ帝国時代の遺跡、マチュ・ピチュ。

標高およそ2,400mに位置するこの遺跡の目的はいまだに明らかにされていないが、一説では宗教的な建造物だといわれている。

 およそ5平方kmの広大なこの遺跡を見渡すため、一部の観光客は背後にそびえる標高およそ2,770mのワイナピチュの山を登る。

すると空中都市という名にふさわしいマチュ・ピチュの見事な全景を目にする…