立ち退きを拒否した結果、自宅周辺がとんでもないことになってしまった世界の15の家


 苦労して建てた自分の家、長年そこに住み思い入れのあるものであれば手放したくはないだろう。

だがそこが区画整備事業の対象になってしまったりすると、立ち退かざるを得ない状況となる。

 立ち退きする際に、新たな家を持てるほどの補償があればよいが、そうじゃない場合もある。

また、良い条件を引き出すために居座り続ける場合もあるし、絶対にここじゃなきゃイヤ!って人もいるし、国家権力にはとことん対抗したいという…