死は誰にでも必ず訪れる。メメント・モリを継承し、死のイメージとともに生を謳歌する生き方を描いた美術作品


 「メメント・モリ」は”人間誰もが必ず死ぬということを忘れるな” という意味のラテン語である。

医療技術が発達し、寿命が延びた現在、健康に暮らしている人にとっては「死」を意識する機会などあまりないだろう。

 まさに死が日常生活の一部であった古代ローマの時代にはこの言葉は「今を楽しめ」という意味でつかわれていた。

その後キリスト教の文化の中に入り込み、「死を常に意識する」という意味合いになり、芸術的な形…