不完全情報ゲームのポーカーで人間を倒したAI「Libratus」が採っていた戦略が論文で公開される


ポーカーは手札の情報がすべて公開されていないため「不完全情報ゲーム」だと言われており、人工知能(AI)が人間を打ち負かすのは難しいと考えられてきました。

しかし、2017年1月にカーネギー・メロン大学の開発したAI「Libratus」はこの難題を見事にクリアし、人間のプレイヤー相手にポーカーで完勝することに成功しました。

そのLibratusを開発した研究者が、どのような戦略をLibratusが採ったのかに関する論文を公開しました…