カワウソにも方言があり、地元かよそ者かを判断している(英研究)


 人間の場合、その人の声を聞けば、その声の持ち主の性別やおおよその年齢を判断できるし、方言があれば出身地も分かる。

 実はカワウソも似たようなことをしているらしい。

 その地域に特有の訛りでグループを識別しているのだ。

ただし彼らが見分けているのはキャッキャといった鳴き声などでなく、肛門の臭腺から発せられる臭いの”方言”だ。