歴史上唯一確実な記録が残っている、隕石にあたって負傷した被害者「アン・ホッジズ」とホッジズ隕石(アメリカ)


 1954年、アメリカ・アラバマ州タラディーガ郡シラコーガ郊外のオークグローブに隕石が落下した。

のちにホッジズ隕石と呼ばれるその隕石は民家を直撃。

 屋根を突き抜け、カウチに座って昼寝をしていたアン・エリザベス・ホッジス夫人(当時34歳)に命中した。

 幸いにも隕石は、彼女の腰回りから左太腿(ふともも)にかけて大きなアザを残しただけで、命に別状はなかった。

 隕石が人に直接あたったという記録は他にも存…