5億年前の海に生息していた小さきプレデターの正体が明らかに(カナダ研究)


image credit:Joanna Liang/Royal Ontario Museum  映画「エイリアンVSプレデター」のエイリアンとプレデターを合わせて小型にしたようなユニークな生物の正体が明らかとなった。

 ハベリア・オプタタ(Habelia optata)は指の爪ほどの大きさだが獰猛な海の捕食者で、5億800万年前の海底で暴れまわっていた。

 頭部は兜のようなものに覆われ、そこからさらに14本の恐ろしげな付属器官が生えていた。