アメリカのほぼ全州で自殺率が上昇。最大で57.6%も


 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の報告書によると、ここ数年、アメリカのほぼすべての州で自殺が増えているという。

 アメリカ全50州のうち、1999~2016年にかけて自殺率が上昇したのは49州。

平均すると25%の上昇で、そのうち25州では30%以上も上がっている。

 2016年には全体でおよそ45000人が自殺で亡くなった。

この数字は、その年の殺人による死者の2倍以上である。