後でおいしくいただく為?岩の中に生きたままの鳥を幽閉するハヤブサの知恵


 塔に閉じ込められたラプンツェルはまだましなほうなのかもしれない。

モロッコのモガドールという島では、ハヤブサが捕えた小鳥を後で食べるために岩の割れ目に閉じ込めておくようだ。

 でもこれも野生動物が生き残るための暮らしの知恵なのかもしれない。

身近に新鮮な食べ物を確保しておくことで、非常時に備えたり、お腹をすかせたヒナに定期的に供給することもできる。