「8時間以上」の睡眠でも死亡リスクの増加と関係している


by Matheus Bertelli 睡眠研究の第一人者であるカリフォルニア大学バークレー校のマシュー・ウォーカー教授は「睡眠時間が7時間未満だと早死にしやすい」と断言していますが、新たな調査によって、「睡眠時間が多すぎる人も早死にや心血管疾患を経験する」ということが示されました。

8時間以上の睡眠でも死亡率の増加との関連性が示されたとのこと。

...