コンピューターで設計するツール「CAD」ができる前、製図台で図面を描いていたエンジニアたち


 コンピュータを用いて設計するツールCADができてから、建築・土木・機械分野の設計は各段に効率が上がっていった。

 特に有名な、CADソフトウェアAutoCADは、1982年に登場し、今日にいたるまで汎用CADとして多く利用されている。

 だがその前の時代、エンジニアたちは、製図台を使い、定規などの様々な製図道具を使いながら紙に直接描いていたのだ。

 これらの写真は当時のエンジニアたちがドラフターに向かって製図して…