それでも人を信じたいの。ひどい虐待を受けていた犬が、保護された直後に見せた人間への愛(アメリカ)


 アメリカ在住のある女性が、1匹の犬に出会った。

その犬は、両足を鎖につながれたまま食事も水も与えられず、炎天下に何日も放置されていたという。

 あまりにもひどい状態に胸を傷めた女性は、その犬を助ける誰かを待ってなんかいられなかった。

直ぐに自分で保護しすることを決意し行動に移した。

 人に裏切られ、傷つけられた犬。

 二度と人を信じることなど、できなくなっていても不思議ではない。

 ところが....  …