当時の人々の暮らしや食品がわかる。アメリカの古き良き時代の食料雑貨店のヴィンテージ写真


 人の暮らすところに食料雑貨店がある。

人々は日々の生活に欠かせない食料品や日用品をそこで購入するのだ。

 食料雑貨店も規模が大きくなると、対面式ではなく、セルフサービスで短時間に購入できる小売業態へと変化する。

それがスーパーマーケットだ。

 アメリカの古き良き時代の食料雑貨店の写真は面白い。

当時の商品や販売形態、消費者のファッションなど、見どころ盛りだくさんだ。