家の中でも練習できそうなサイレンサーつきハーモニカ「忍SHINOBIX」


デジタル楽器が普及した現在においても、アナログな楽器を使っているときの気持ちよさや、リッチなサウンドには惚れ惚れしちゃいます。

けれども生楽器のデメリットはボリューミーだということ。

音をミュートする方法はありますけど、運指トレーニングばかりだと飽きてきちゃう。

だからこそ、今後は「忍SHINOBIX」みたいなサイレンサーつき生楽器が注目されていくのかもしれません。