生きたまま埋葬されないために。墓所恐怖症の人の為の19世紀に行われていた6つの生き埋め防止策


image credit:CHRISTIAN HENRY EISENBRANDT/PUBLIC DOMAIN  日本では、今でこそ火葬が一般的となったが、かつては土葬が一般的で、海外では未だに土葬文化が根付いている場所もある。

 土葬の恐ろしさは、本当はまだ死んでいないのに埋められてしまい、息を吹き返したらそこは土の中という事態が起こりうるということだ。

 泣けども叫べども、棺の蓋を必死に掻きむしろうとも、誰も気がつかない。

生き埋めにされるかもしれな…