大麻とほぼ同じ成分が日本に生息する「コケ」にも含まれる


マリファナ(大麻)に含まれる主な有効成分はカンナビジオール(CBD)とテトラヒドロカンナビノール(THC)であり、このうちTHCは多幸感を覚えるなどの作用を持つ向精神薬として使われています。

最新の調査によって、コケ類のうちケビラゴケ科オオケビラゴケ属(Radula)もTHCと同様の作用を持つ化学物質を含むことが報告されました。

このコケは日本にも生息しています。

...