社会が繁栄して男女平等が高まるほど選択や考え方に男女差が現れることが世界規模調査で明らかに


By Ian D. Keating 76の国と8万人を対象とした調査により、国の豊かさを繁栄する指標の一つ「GDP」が高く、男女平等の考え方が広まっている国ほど、男性と女性の間に存在する考え方の違いが大きくなるという研究結果が発表されました。

今後さらに詳細な調査が必要とされる段階ではあるものの、自由度が高まるほど男女それぞれが自分らしい考え方を持って行動できるようになることを示す結果として注目されています。

続き…