ドキッとするリアリティ。壁面を支配する巨大昆虫の3Dグラフィティアート


 ポルトガルのストリートアーティストセルジオ・オディス氏は、壁画や景観を利用したリアリティのある昆虫の3Dアートを制作している。

 作品の多くは壁のコーナーを活用し、アナモルフォーシス(Wikipedia)の効果をくわえたもので、ドキッとする現実味を帯びた昆虫たちが描かれている。