大親友だった犬の亡き後、悲しみに暮れていた猫。 親友の残した首輪を発見し、ニオイを嗅ぎスリスリと頭をこすりつける


 老犬のサムと黒猫のゼウスは、ひとつ屋根の下でとても仲良く暮らしていた。

だが、その生活は突然終わりを告げた。

サムが亡くなったのだ。

 亡くなった当初、常にサムを探し大きな声で鳴くようになったゼウス。

それから数か月が過ぎ、ゼウスはサムの忘れ形見を発見した。

 サムが常にしていた首輪である。

 ゼウスはサムのことを決して忘れることはなかったのだ。

首輪のニオイを嗅ぎ、サムの気配を感じ取ったゼウスは懐か…