寄るな触るな近づくな!?ご主人の赤ちゃんを守るわんこたち


 犬というのは社会的な生き物なのだという。

飼い主を主人と認識し、家族や仲間たちとの絆を大切にする。

そうして自分の居場所である主人の家を、全力で守るべき場所と考えるのだ。

 そんな体育会系な犬たちにとって、自分よりも小さくて弱い新入りは、守ってやらなくてはならない存在なのだろう。

だもんだから、ご主人のとこに生まれた赤ちゃんは、他の誰にも触らせないのだ!