睡眠時無呼吸症候群と診断された男性。寝る時に吸引マスクをしろといわれたのでフェイスハガー風に改造してみた


image credit:Jared Grey  SF作家のジャレード・グレイさんのとんでもDIYが海外ネット民の間で話題になっているようだ。

 グレイさんは睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断され、CPAP(シーパップ / 持続陽圧呼吸療法)を試してみることになった。

 無呼吸を防止するため睡眠時に鼻マスクを装着する療法だが、グレイさんはこの鼻マスクをまさかのフェイスハガー風に改造したのである。

 フェイスハガーとは、映画エイリアンシリー…