Intel CPUのセキュリティ機構「SGX」にマルウェアを隠すことでセキュリティソフトで検出できない危険性、概念実証用のプログラムも公開済み


IntelはSkylake世代のCPUから、センシティブな情報を悪意ある者に読み取られないように隔離して実行するセキュリティ機構「SGX(Software Guard Extensions)」を取り入れました。

しかしCPU内にデータと実行プロセスを隔離する「飛び地」を作るSGXにマルウェアを仕込ませることで、セキュリティソフトでさえ脅威を検出できない危険性があるとセキュリティ専門家が指摘しています。

...