「寒いんです。保護してください」消防署の入り口で助けを求めた野良猫のハッピーエンド物語(カナダ)


image credit:Facebook  1月下旬のとても寒い夜のこと、カナダ・マニトバ州のシュタインバッハ消防署に思いがけない訪問者がやってきた。

 あまりの寒さに震え、暖かさを求めて室内に入りたそうにしているメスの猫である。

窓越しにじっと人間たちを見て「保護してください・・・」といわんばかりの姿だ。

 勤務していた消防士は驚きながらも猫を室内に迎え入れた。

これが猫にとっての幸せの始まりだったんだ。