Facebookがユーザーデータへのアクセス権を売る計画に関する新たな内部文書がリークされる


by www.shopcatalog.com 2018年、Facebookは5000万人分のユーザーデータをコンサルティング企業のCambridge Analytica(ケンブリッジ・アナリティカ)に利用されていたことが公になり、ユーザー情報保護のあり方について疑念を呈されています。

また、2018年12月にはイギリス議会によってFacebookの内部文書がリークされており、大きな波紋を呼びましたが、新たに100ページを超える追加の内部文書がリークされたと報じられました…