ネットカフェで48時間耐久ゲームをプレイしている13歳の息子の為、食事を運び口に入れてあげる母親(フィリピン)


istock  フィリピンのネットカフェで、48時間耐久のバトルロワイヤルゲームに興じている息子(13歳)。

 ゲーム中にコントローラーからまったく手を離さない息子が心配で、わざわざご飯を食べさせてあげているお母さんの姿が撮影された。

 食べ物を口に押し込まれている間も少年は画面に釘付け。

お母さんは「まったく……ほら、食べて」と言うも、息子はうっとおしそうにしており、ゲームの邪魔をされて苛立っている。

続きを…