青銅器時代、キツネは家畜化されていた(スペイン)紀元前3千世紀から2千世紀


 紀元前3千世紀から2千世紀にかけて、ヨーロッパのイベリア半島北東部では、人間と動物を一緒に埋葬するという習慣が広く見られた。

 そうした動物の中には犬はもちろんのこと、キツネも含まれていたという。

 キツネも家畜化されていたようで、飼い主と食べていたものが似ていたことがわかったそうだ。