幼いころ窓から捨てられ、保護施設で殺処分直前に家族が見つかった猫。感謝と愛が止まらない


   猫には九つの命があるとはよく言ったものだ。

猫のハニーケーキさんは、何度も忍び寄る死の危険を避け何とか幸せな猫生を手に入れた。

ハニーケーキさんは、まず幼いころ最初の飼い主に車の窓から放り出され、一度生死の境をさまよった。

その後、保健所で保護されることになったが里親が決まらず殺処分が決定してしまう。