嫌なことを早く忘れたいなら、考えないようにするのは逆効果。ある程度意識を向ける方が良い(米研究)


photo by istock  何か悪いことが起きてしまったとき、なるべく早く忘れたいと思うのが人という生き物だ。

 そのために、なるべく思い出さないよう、務めて嫌な記憶を封印しようと意識するのだが、実はそれ、あまり意味がないのかもしれない。

 最新の研究によれば、意識的に物事を忘れるには、脳を要らない情報と関与させねばならないという。

忘れようと強く思えば思うほど、逆に脳が活性化しすぎて記憶が強化されてしまう…